◇確かな品質と豊富な種類の香料を販売しております。精油/オイル香料/フレーバー/エッセンス◇



◇ 食品香料について ◇

【エッセンスの特徴】 
水溶性で揮発性が高いので冷やして食べる食品用途に最適です。
耐熱性はありませんので製造工程上熱がかかる場合には不向きです。
飲料・アイスクリーム・アイスキャンディー・ヨーグルト・ゼリー等


【フレーバーの特徴】
万能タイプで耐熱性が有り水溶性〜油性の中間的な香料で素材に
よってと混ざりやすい物と混ざりにくい物があります。
基本的には水溶性で耐熱性がありますので殺菌工程や熱がかかる
食品多用途に使用出来ます。
ジャム・グミ・ソフトキャンディー・ハードキャンディー・プリン
・ソース・アイスクリーム・アイスキャンディー・ハードゼリー
・ゼリー・ホイップクリーム・ヨーグルト・マカロン・
マシュマロ・飲料・・・洋菓子・和菓子・デザート・ホット飲料等


【精油・オイルの特徴】
精油は1つの基原物質から精製された天然100%です。他のオイル香料は、
溶剤に植物油・グリセリン脂肪酸エステルが溶剤ベースの香料が多く完全油性タイプ
(水溶性の耐熱性に優れたオイル香料も有ります)でフレーバーでは
香りが残らない強熱がかかる食品(菓子・製パン)に適している香料です。
また、保留性に優れていますのでガム等に最適です。
油性素材の食品(チョコレート等)にはオイル香料が最適です。


【パウダー香料の特徴】
粉末香料は耐熱性に優れていて強い熱のかかる食品に最適です。
また、粉末食品・粉末飲料・ガム等に適しています。





【香料とは】
ヒット商品は香料で決まると言っても過言ではありません。甘い香り、
すっぱい香り、フレッシュな香り、
癒しの香り...
香料は、食品製作において極めて重要な役割を果たします。
香料を加えることで様々な香りを表現することが可能となります。
同じ香料であっても、
材料や製造工程によって異なる香りを楽しむことができます。
香料の使用方法は
製作工程によって異なり、
他の材料の香りを引き立てたり
マスキングしたりする効果もあります。
たとえば、バニラ香料はプリンやクッキーなどの不要な香りを抑え、
良い香りを際立たせる効果があります。
過剰な使用は避け、
ほのかな香りが理想とされます。
強い香りを表現する場合でも、
素材を損なわない技術が要求されます。穏やかな香りが食欲をそそります。
弊社香料の適切な添加量は、飲料やデザートでは0.1%から0.2%、
キャンデーや焼き菓子では0.2%から0.3%程度が一般的です。
ガムなどでは1%前後が推奨されます。















ティアンドエム株式会社

会社概要 / Shop / All Rights Reserved. Copyright(C)2003-2024 お問い合わせ
TEL&FAX

インボイス番号
適格請求書発行事業者登録番号
T1040001020050

















Counter